2013年06月20日

ラムネ菓子のイコマ製菓本舗。

奈良が誇る最強の青春の味、
ラムネ菓子のイコマ製菓本舗
このブログにも検索で来てくれる方がたくさんいらっしゃいます。
いつもありがとうございます。
ただ、残念ながらこのブログでは、食したことは書いておりません
というのも、買おうとして買えぬまま、
とうとう十年近く経っているからなのであります。
その間、思い出してはホームページを覗き、
「早い者勝ちから抽選制になっているのか…」などと時代を感じたり、
はては某オークションサイトにて転売されている様子を見るなど……
憧れは膨らむもどんどん億劫になってしまっているのが現実。
こうして十年ぶりに奈良に帰ってきたのですが、
是が非でも購入しようと思えなくなってしまったラムネちゃん。
ああもうあんなに遠くに行ってしまったんだね、
何万人が手に入れようとして毎回少しの人しか手に入れられないのだね……
と、もはや戻っては来ない青春の憧れのようでございます。
自分で作った方が早いんじゃないか、なんてクックパッドを見るも虚し。
それこそ海外サイトで買える超格安ラムネがありそうだし、
ってそれじゃまったく意味がないし。
このブログに来ていただいた方には誠に申し訳ないのですが、
僕の歩んだ道を歩まぬよう、絶えずイコマ製菓本舗のHPをチェックし、
できるだけ最短で買える道を選ばれた方が、精神的に良いと思います。
ともかく買わないで憧れていると僕のようにこじらせます。
このまま憧れているだけで良いの、
この思いを大事にしていたいの……なんてことになりかねません。
みなさんがイコマ製菓本舗のラムネを味わえるよう、
心からお祈り申し上げます。
posted by ムーンライダー at 00:38| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

奈良でボサノバ

10年ぶりに地元に帰ってきてから、
もう1年が経とうとしている。
ようやく新しくて旧い赴任地での仕事に慣れてきた。
そろそろ文化的なことでもやってみようかと、
奈良でボサノバに関するものがあるかどうか調べてみた。
そしたら、
学校の先生をやりながら、ボサノバをやってる人がいた。
ソロでやったりデュオでやったりしているらしい。
これはいいな。
会いに行ってみたい。
posted by ムーンライダー at 20:55| 広島 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

本当に今したいことはなんですか

久しぶりに書いてみる。

仕事をやりながらどうしても他のことに気が取られてしまう。
本当に俺がやりたいことは何なんだろう。
気が取られるぐらい、
今やっている物はどうでもいいものなんだろうか。

どうしてなんだろう。
昔は何かを書くときにはそれだけに没頭できた。
それは自分と対話することが好きだったからかもしれない。
今はどうだろうか?
日記を久しく書いていないが、それでいいのだろうか?

世の中で、対峙する物が多くなりすぎた。
ということは言えるかもしれない。
もとよりキャパシティが少ない俺のこと。
ちょっと処理能力が追いついていないのか?
とはいえ仕事はきちんとこなしている。
単にやる気がないだけなのか。

休みの日もあっという間に過ぎていく。
やはりしたいことが見つかっていないという感じなのか。
こういうときはどうすればいいのか。
仕事に邁進する、にしてもそれが出来ない。
甘えと言われればその通りだろう。
このままじゃいけないな…
posted by ムーンライダー at 22:49| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

性格判断・エゴグラム

ちょっと自分の性格を判断してみようと思った。
というのも、子どもも生まれてくるし上司とはぶつかるし、
何かが今のままではいけないと思ったからだ。

エゴグラムによる性格診断

やってみた結果、分類としてはaaaacタイプ。
以下がその詳細。

・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・

性格
感情溢れる人間像と云っても良い。
厳しく優しく、合理主義者的ながら自由奔放で、
言いたい事を言い、遣りたい事を遣る、といったタイプ。
どこを斬っても真赤な血が吹き出して来ると言ったタイプ。
かなり我儘で頑固な所が有り、その点は矯正すべき。

恋愛・結婚
まず、恋愛結婚以外は考えられないと云ったタイプ。
しかし、恋愛の結果には責任を持ちますし、
批判力、判断力、審美眼が高いので、
くだらない相手と結婚する可能性は低いでしょう。
結婚後は、愉快で面白い家庭こそ作るでしょうが、
我儘と頑固さが問題を作る場面が多いでしょう。

職業適性
宗教家、カウンセラー、警察官、など特殊な職業を除けば、
一応大概の仕事はこなせるでしょうが、
最も適性のある仕事は、
企画宣伝、創作家、芸術全般、弁護士、公認会計士などの職業でしょう。

対人関係
貴方に感情のセーブをする能力がもう少し有れば「鬼に金棒」ですが、
無い物ねだりの傾向が有るかも知れません。
しかしながら、もう少しイイ子に成ろうと努力する必要は有るでしょう。

・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・

なんかすごく当たってる気がする。

続いてaaaac型の解説。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

気ままタイプ(AC欠乏型)

ACの柱だけが低得点のタイプ。
対人関係の微妙さにほとんど頓着しない人で、自分のやりたいようにやるタイプ。
妥協することを知らず、がんこな奴だ!横着な奴だ!
などという悪評をこうむる可能性が非常に高いタイプ。
ただし、 それが良いほうへと向かっているときは、
非常に仕事のできる人間という評価を受ける可能性もまた、
かなり高いタイプであることはまちがいありません。
思考や行動のパターンが常に外向的で、
やつあたりや不平不満がストレートに出やすいタイプでもある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やってみてよかったと思う。
もうちょっとイイコになれってことだと思う。
青すぎたのが青いまま腐り始めてる。
posted by ムーンライダー at 02:18| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

子供のいる生活その4

ダメだ、全く名前が決まらない。
俺の名字は最初の母音がa。
次がo。最後がiだ。
つまり、名前もこれに従い、aに始まりiで終わる名前がいい。
そうすると響きが非常に自然になる。
まあ娘なのでどうせ名字が変わるとどーでも良くなるんだろうが。
ちなみに、俺は名前の響きフェチであり、
この呼び方だけで相手の印象が全然違ってくる。
だからこれには拘りたいのだ。
なんとなあ。
名前ひとつで可愛らしかったり、
かしこそうだったり、
なんとなく覚えてもらえたり、
いろいろあるもんなあ。
posted by ムーンライダー at 10:56| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

子供のいる生活その3

妻が実家に帰って約3週間。
ようやく広島に帰ってきた。
この間、仕事も充実、調子は良かった。
しかし妻が帰ってきてなんとなく脱力(笑)
やっぱり甘えてんだなあ。
一方、
妻のお腹は以前よりも張っている。
かなり大きくなってきた。
やっぱり気を引き締めなきゃいけないのかな。
人の中で人が育つというなんとも不気味な出来事を前にそう思った。

いや、不気味じゃないでしょ、あんたもそうだったでしょ、って人がいるのは知ってる。
でもねえ、あんだけ細かった妻が腹だけ膨れていったら正直気味が悪いよ。
それにあの中に人が入ってんだ、と思ったらもう。
ていうか俺も入ってたのか?という…

娘の名前が全く決まらない。
妻はこれがいいといって提示するのだが、
俺にはぴったりこない。
なんでだろうな、決める気がしないのは。
目の前の子供と向きあっていないのかな。
posted by ムーンライダー at 21:10| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

やりますわ

やらないかんことができましたわ
posted by ムーンライダー at 20:18| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

つぶやきは補完せねば意味を成さない2

日記とは日々のつぶやきではないかと思う。
自分の思うことを白いページに書き連ねていく。
時系列も日本語のルールも無茶苦茶だが、自分には分かっている。
でも、たまにきっちりとした文章で書く時もある。
それは、絶対に後で読み返したくなる事を書く時だ。

自分について新たな発見をした時。

人生とは何かを考えついた時。

人生の岐路を決定した時。

意図せず人を傷付けた時。

出会った時。

恥ずかしい日記の数々は、
読み返すと自分の思考や思想が見える。
それを見て考えたことをまた書き連ねる。
単なる感想記が時間を伴って立ち上がると、
徐々に史が見えてくる。
考えや思いつき、感情の断片の集合こそ、人間だろう。
posted by ムーンライダー at 21:26| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

なんだろうこの胸のギュッと感は…

なんだろう。

大学のホームページを見たときの、
この胸のギュッと感は。

なんだろう、あの場所へ行きたいと思った。

こんなことを考えたくなかったな、
あの時に戻りたい、なんて。

ああなんだろう。
胸が締め付けられる。
posted by ムーンライダー at 03:20| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

子供がいる生活その2

不安について色々考えている。
責任か?と思ったが、
子供が出来てからの責任は子供を作る際にかなり考えた。
両親に自分が小さい頃から何をしてもらってきたか。
結婚したらいつかは子供を作らねばならないと覚悟して結婚し、
そしてもう作らねばならないと結婚してからだいぶ考えた。
結局結婚3年半ばにして作る事を決意した訳だが、
出来ちゃった結婚の場合よりは作る前に考え尽くしたつもりだ。
もちろん会社の将来についても考えた。
ただ、潰れたとしても俺はどこかでやっていけるだろうし、
妻と子供くらいは十分に食わせていけるだろう。
それは問題ない。
では一体何が不安なのか。
それは、自分の子が出来るという事への根本的不安かもしれない。
自分がもう一人できるような、なんだか気持ち悪い感じだ。
そしてもう一つ、
俺は子供に何をしてあげられるのか?という不安もあるだろう。
仕事上の時間の制約も然り、
俺は子供に何を伝えられるのか?
俺は何かを伝えられるだけの人生を生きてきたのか?
posted by ムーンライダー at 23:22| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

リニアな感覚

プリウスのブレーキについて、
NHKニュースを見ていたんだが、
なんとなく違うなあというコメントが有ったのでちょっと。

NHKによると、
トヨタ自動車の新型「プリウス」のブレーキが一時的に利かなくなる
という苦情が相次いでいる問題で、
トヨタの担当役員は記者団に対し、
先月から対策をとっていたのは、
運転する人の感覚的な問題に対応したもので、
公表する必要はなかったという認識を明らかにしました。

とのことなんだけども、
運転する人の感覚的な問題ってなんだっていうと、
もうちょっと詳しい記事が載ってるとこがありまして、

CarWatchによると、
トヨタで品質保証を担当している常務役員 横山裕行氏によれば、
プリウスのブレーキは通常、電気の回生を行うブレーキと、
一般的なクルマでも使われる油圧ブレーキを併用しているが、
ABS作動時には100%油圧ブレーキによる制動に切り替わるため、
その切り替わりに時間差が生じ、空走感を感じるものだと言い、
「ブレーキを踏み増してもらえれば、安全に止まることができる」と述べた。

 「私どもは、お客様の感覚と車両の挙動が少しずれていることによって、
 お客様が違和感を感じられるという問題だと認識していた」と言い、
一方で「なかには不安になった、びっくりしたという声もあり、
またさまざまな報道からこうした事象を経験していない利用者や、
新規購入を検討しているお客様にも不安を感じている方がいる」ことから、
新車での改良を行ったとした。

あー長いね。
要するに、クルマは問題ない。
ドライバーの感覚通りにクルマが動かないだけで、安全には問題ない。
ということですかね。

ただね、俺はすごく違和感がある。
クルマとか自転車とか、とにかく乗り物っていうのは、
身体感覚で運転するもんなんだから、
それに忠実に操れるもんでないと危ないでしょっての。
簡単に言うと、Not think, Feel.....だな。
俺たちはアタマじゃなく、カラダで操ってんだから。
そういう大事なところを感覚の違いで済ませてしまうかなあ。

トヨタでは、量産車は乗るためのものじゃなくて、運ぶためのものなんですな。
かたやLF-Aを作っている会社なのに、どうしてかなあ。
いやいや、操ることを楽しむ以前に、
身体感覚とズレてるものは、ものづくりとしてダメだと思うね。

posted by ムーンライダー at 00:04| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

子供のいる生活その1

子供が出来ました。
女の子、六月末に出産予定。
題名はこう書いてみたものの、
本当は実感出来ていない。
妻は自分の腹の中で動いているから日に日に分かるらしいけど、
俺は全く分からない。
妻の腹がでかくなってきたなあと思うくらいだ。
正直考えると得体の知れない不安感があるので考えない。
なんなのか分からないが非常に不安だ。
なんでしょう、これ。
今後、これから子供が生まれるであろう皆さんの為にも、
そして自分自身を記録しておく為にも、
ツイッターやブログ、そしてミクシを駆使して常に残します。
シリーズ、子供がいる生活、始まります。
posted by ムーンライダー at 01:56| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

本当に大事なことは

本当に大事なことはなんだろうか。
一刻、
俺はよく「人生はどこにあるんだろう」とよく独り言ちていた。
その答えはまだ得ていない。
自分が今している仕事が、
どれだけ人の役に立っているんだろうと考えていたが、
そうじゃなくて人の役に立つよう仕事しようと思ったとき、
独り言は言わなくなっていた。
そういうものなんだろう。
人間は理由のために生きるのではなく、
理由を作るために生きるのだ。
本当に大事なことはそこにあるのだろう。
posted by ムーンライダー at 17:19| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

つぶやきは補完せねば意味を成さない

つぶやきは一回のつぶやきでは完結しない。
他の人の反応や、自分で思い返した自己返答があって初めて意味を成す。
会話を文字化したものだから当たり前のことだが、
日記というものもそういうものだと思う。
ただし、日記は自分との会話である。

俺はよく人から二十代には見えないと言われる。
妻が7つ年上なので、と人には答えているが自身はそうは思っていない。
俺は昔から自分の年齢を意識して行動したことがないからだ。
年齢相応の行動を子どもは自然にとるものだそうだが、
俺はそんなことはやってなかったと言える。
まあこましゃくれたガキだったろうが、
その一因が日記だったのではないか、と思うのだ。
posted by ムーンライダー at 18:56| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

iPad

アップルの新世代パーソナルコンピュータ、iPadが発表された。
で、Maclalala2さんが書いてるんだけど、
iPhone2つ分の大きさになったiPadの画面。
で、iPadのチップはA4という名前だから、
iPhoneのはA2か?
posted by ムーンライダー at 17:42| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

一度外から見て

最初っから持ってるものには気づかないものだ、人間は。
例えば他人との関係の豊かさとか。
無い所へ行って初めて分かる。
ふと故郷と呼びたくなる懐かしさに溢れた土地に出会う。
自分が幸せだったことに気づく。
posted by ムーンライダー at 08:29| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イー・トンシン

最近泊まり勤務の度に映画を観ている。
今日はまたもイー・トンシン監督作品。
「忘れえぬ想い」という映画だ。

簡単に言っちゃうと、
婚約者が亡くなった女性が、
男性と前妻の子供を引きとって意地で育てるんだけど、
やっぱり色々無理があって、
それを仕事の同僚が助けてくれて、
いつしか2人は惹かれ合う。
でも、女性は婚約者のことが、
実は男性にも色々と訳ありで忘れられないことがあって、
もうなんというかええわ〜という映画、ってどんな纏めやねん笑

一番面白いなと思ったのは、
2人の職業が、香港のミニバス運転手なんだよね。
香港の道路事情や交通事情が運転席目線で展開していて、
これがものすごく現実感を持って見られるところ。
実際に女優さんが自分でハンドルを握ってるし、
庶民の生活臭がするところが気取ってなくていい感じ。

セシリア・チャンという女優は、
この映画で香港の最年少主演女優賞をとったらしい。
納得いきますな、説得力があるもの。

このイー・トンシン監督は、
こないだの真心話といい、ストーリー展開に無理がない。
ああそうなるんだろうな、そうなるにはこれが必要だよな、
と納得ずくで進んでいくので違和感がない。
自分の経験を重ねることもできるので、入り込みやすい。
この監督、脚本には絶対に参加するらしいから、うん納得。
脚本家がしっかりしてたとしても、
細かいとこの感覚ってのはやっぱり譲れないものがあるだろうし。
真心話も忘れえぬ想いも、
どっちも最初に盛り上げがあって最後にもある。
起承転結がきっちりとあって、王道の展開。
だけど、飽きさせない。
他の作品ももっと見たいもんです。
ジャッキー・チェン主演で、
数年前に新宿インシデントという映画も撮ってるけど、
これ知ってる人いるかなあ。
多分見たことない人ばかりだよね。
とりあえずこの監督の作品は全部見たいな。
原稿100本読むより勉強になるわ。
posted by ムーンライダー at 07:12| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

オバマジョリティーの矛盾5

オバマジョリティーについて、
自分の考え方がようやくまとまってきた、
というか身体で物を言えるような感覚になってきた。

一番大切なのは、
平和という言葉の主語をきちんと言わなきゃいけないということだろう。
誰のための平和なのか。
我々日本人は、
平和というとすぐに全世界の、と考える。
けれど、
世界的にはそんなことはないのが現実だ。
オバマは何のために核兵器を廃絶しようとしているのか。
もちろん、アメリカのためだ。
俺たちはアメリカの平和を守るオバマを応援するのか?
それとも、世界の平和を守るために行動するのか?

核兵器廃絶という大きな目標があるとはいえ、
同床異夢であるということは明らかにするべきではないか。
オバマのオスロ演説の後、
広島は直ちにそのことを明確にすべきだと思い、
俺は年末に書いたコラムでそのことに触れた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◇広島だから言えることがある
 今年、核兵器廃絶に関するニュースの中心はオバマ米大統領だったが、
こと広島にとってオスロ演説の戦争容認発言は受け入れられないのではないか。

 同演説からは、世界平和を米国の力で守るのは正義、という姿が見えた。
しかし02年の広島平和宣言は
「米政府には世界の運命を決定する権利はない」と指摘している。

 原爆は戦争が生んだ。
核兵器を廃絶しても戦争を容認すれば、いずれ歴史は繰り返す。
核抑止、戦争容認論がある中で核兵器廃絶を実現するには、
世界平和を守る、米国をも巻き込んだ新たな仕組みが必要ではないか。

 ノーモアヒロシマ、ノーモアウォー。
核兵器廃絶を唱えながら戦争を容認せざるを得ない米国に対し、
五輪招致の前に、広島だからこそ言えることがあると思う。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

五輪の言うところの平和は、世界平和かもしれない。
しかし、オバマジョリティーに代表される広島の姿勢は、
アメリカの求める平和への支援という誤解を受ける可能性が高いものだ。
そんな都市が主語なしに「平和」という言葉を使うことの危険性は解消されていない。
俺は、世界の平和がいい。
ここのところを曖昧にしたままでは、
今なおアメリカの攻撃下にある人々は我々広島市民のことを誤解するだろう。
俺はそういう誤解は嫌だ。
posted by ムーンライダー at 12:58| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

震災取材

あれから60年以上経ってても、
俺は被爆者に家族の事とかをいきなり聞いたり出来ない。
ましてや15年、
俺は東灘区の公園の慰霊祭に行ったけど、
来ていた人に身内が亡くなったかどうかなんて聞けなかった。
支局に上がると他の記者は聞いているようで、
心に突き刺さるような被災者の声がPCの画面に映っていた。
なんだか情けなかった。
案の定、俺の原稿からはなんの声も聞こえてこなかった。
取材応援に行ったはずなのになんにもやってない。
このままで俺は原爆65年をやっていけるんだろうか。
被爆15年は震災15年と同じような心の動きだったのだろうか。
被爆者と被災者。
親しい人を亡くした人を取材するということの難しさと、
自分の不甲斐無さに改めて申し訳なく思った。

震災で親を亡くしたあしなが育成会の学生が、
JR元町駅東口前でハイチ大地震への募金活動をしていたのを取材した。
彼らは行動し、
私は傍観する。
心の痛みを感じた。
帰りがけ、西口で学生4人が持っていた募金箱に千円入れた。
また別のところが痛み出した。
posted by ムーンライダー at 21:59| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

あけましておめでとうに行きます

今日から一週間奈良に帰ります。
呑める人居たら呑もーぜー!
posted by ムーンライダー at 02:57| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。