2010年02月05日

リニアな感覚

プリウスのブレーキについて、
NHKニュースを見ていたんだが、
なんとなく違うなあというコメントが有ったのでちょっと。

NHKによると、
トヨタ自動車の新型「プリウス」のブレーキが一時的に利かなくなる
という苦情が相次いでいる問題で、
トヨタの担当役員は記者団に対し、
先月から対策をとっていたのは、
運転する人の感覚的な問題に対応したもので、
公表する必要はなかったという認識を明らかにしました。

とのことなんだけども、
運転する人の感覚的な問題ってなんだっていうと、
もうちょっと詳しい記事が載ってるとこがありまして、

CarWatchによると、
トヨタで品質保証を担当している常務役員 横山裕行氏によれば、
プリウスのブレーキは通常、電気の回生を行うブレーキと、
一般的なクルマでも使われる油圧ブレーキを併用しているが、
ABS作動時には100%油圧ブレーキによる制動に切り替わるため、
その切り替わりに時間差が生じ、空走感を感じるものだと言い、
「ブレーキを踏み増してもらえれば、安全に止まることができる」と述べた。

 「私どもは、お客様の感覚と車両の挙動が少しずれていることによって、
 お客様が違和感を感じられるという問題だと認識していた」と言い、
一方で「なかには不安になった、びっくりしたという声もあり、
またさまざまな報道からこうした事象を経験していない利用者や、
新規購入を検討しているお客様にも不安を感じている方がいる」ことから、
新車での改良を行ったとした。

あー長いね。
要するに、クルマは問題ない。
ドライバーの感覚通りにクルマが動かないだけで、安全には問題ない。
ということですかね。

ただね、俺はすごく違和感がある。
クルマとか自転車とか、とにかく乗り物っていうのは、
身体感覚で運転するもんなんだから、
それに忠実に操れるもんでないと危ないでしょっての。
簡単に言うと、Not think, Feel.....だな。
俺たちはアタマじゃなく、カラダで操ってんだから。
そういう大事なところを感覚の違いで済ませてしまうかなあ。

トヨタでは、量産車は乗るためのものじゃなくて、運ぶためのものなんですな。
かたやLF-Aを作っている会社なのに、どうしてかなあ。
いやいや、操ることを楽しむ以前に、
身体感覚とズレてるものは、ものづくりとしてダメだと思うね。

posted by ムーンライダー at 00:04| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140266366

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。