2009年11月23日

書くということ

何度この題で書いたか分からない。
書くことを仕事にしているからこそ、
なんとなく書けなくなっているのか、
最近全く更新していなかった。
mixiにはそこそこ書いていたので、
個人情報を消してから全部こちらに移行した。
知らない間に全部で1000を超えていた。

なんだろう、
書くことがちょっと苦痛かもしれない。
今何かを考えようとしているが、
何も浮かんでこないのが現状だ。
考えて書くのではなく、
頭に浮かんでくるのをそのまま手を動かして書く感じ。
これは久しぶりの気がする。
自動筆記というかなんというか。
ここんとこ2年半以上、考えたとおり書くというよりも、
あるスタイルに合わせて書くということを繰り返してきたからか、
今かなり書くことに難しさを覚えている。

考えをそのまま書くこと、というのは
やはり訓練がなければうまく書けない。
何を書こうと思っているのか、それが書けない。
たぶん、いろいろ思うことはあるのだろうが、
それらを頭で思い浮かべる前に、
書いていいかどうかを深層心理で迷っている感じがする。
だからはっきり出てこないのだろう。
考えるだけなら普段から大量にアイデアは出てくるのに、
今出てこないのは書くということ、
つまり公開することに何らかの障害を感じているのだろう。
いつのまにか喋る前に考えるようになって俺は大人になって。
しょうもない大人になったのかどうかは分からないが、
手が動きにくくなったのは確かなようだ。
自主規制か、学習の結果と前向きに捉えるべきか、
よく分からない。
posted by ムーンライダー at 07:13| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。