2009年08月23日

選挙に行こう!

今回この選挙を通じ、
投票することの責任の大きさを感じる機会にしたい。

前提として、
私の知りあいは総じて意識の高い人ばかりだから心配はしていないが、
今月末の選挙なんか行く気ないよという他人任せの人は、
この次の選挙まで投票者の奴隷になりなさいというのが私の極論である。
だから、投票には行く、というのが大前提である。

また、自民がどうだとか、民主がどうだとかそういうことも置いておく。
今大事なのは、投票の意義をいかに個人のものとして確立できるかどうかだ。

さて、
前回衆院選の時は、
多くの人がなんとなく小泉自民党に投票しただろう。
で、その結果がどうなったか、
その総括がなんとなくされたようなされてないようなまま、
今回の選挙に突入している。

俺は、今回もなんとなく投票で良いと思う。
ただし、
その結果がどうなるかを、
目の玉見開いてよーく見る責任が我々にはあると思う。
そして、それを次の選挙に生かそう。

互いのマニフェストは比較的すぐに結果が出る項目が多い。
だから、
今回投票したら、比較的短い期間でその結果が出る。
さらに、次の選挙も比較的近い時期にあると言われている。
今回の投票結果を覚えている内に、次の選挙がやってくる可能性は大きそうだ。
そういう状況もあって、
今回の投票は我々の民主主義にとって非常に大きな勉強と実践の場になるだろう。

教育現場でも、
投票権のない子供にマニフェスト比較をやらせて仮投票をやり、
遠くない未来にある衆院選の時に、
投票の結果がどうなったかを振り返らせてみるといいだろう。

クラスの委員長を決めるのと国政選挙とは、
選ぶという根元的なところではあまり違わないのだが、
国政選挙となるとがぜんみんなの関心が集まらないのはどうしてなのか。
それは、クラス委員長を決めても何も変わらなかったからではないかと疑っている。
クラス委員長なんて誰がなっても同じだろう。
なんら権力はないのだから。
それが大人になってからの「誰がなっても変わらないだろう」に繋がるのではないか。
クラス委員長になんらかの権力を持たせるのは現実的ではないので、
仮投票を通じて、選挙で世の中が変わることを子供に分かってもらうのが肝要だろう。

何も変わらないと思っている人にとって大事なのは、
投票とその結果がきちんと繋がっていることを認識することだ。
とにかく長い時間軸の中で原因と結果を見ることの大切さを感じたい。
それが民主主義の根幹をなすものであり、
衆愚政治にならぬようにするため、国民に最低限必要な資質である。
1億を超す民の声を反映させて国の舵を取るには時間がかかり、認識もしづらい。
経済繁栄に踊り、変化の早さが是とされた時代ではより難しかっただろうが、
今はそんなこともないだろう。

そういうわけで、
長々小難しいことを書いたが、

要は、投票に行こう。
そして、その結果を見守ろう。
さらに次の選挙の時に、
結果を基に投票先を決めよう。

投票先が分からない?
そういうときは、各党のマニフェストを見るなり、
毎日新聞の毎日ボートマッチ、えらぼーとのページを見てみて欲しい。
http://mainichi.jp/select/seiji/eravote/
これで、だいたい自分の考え方に近い政党が分かるはずだ。
それぞれの政党が答えたアンケート結果と、
自分の選んだ答えを比較するものなので、結果は恣意的なものではない。
安心して試してみて欲しい。
なんだ、これを言いたいだけじゃないのか、とか言われそうだが(笑)
そうでないことは分かって頂けるだろう。
posted by ムーンライダー at 03:50| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

投票に行こう

今回この選挙を通じ、
投票することの責任の大きさを感じる機会にしたい。

前提として、
私のマイミクは総じて意識の高い人ばかりだから心配はしていないが、
今月末の選挙なんか行く気ないよという他人任せの人は、
この次の選挙まで投票者の奴隷になりなさいというのが私の極論である。
だから、投票には行く、というのが大前提である。

また、自民がどうだとか、民主がどうだとかそういうことも置いておく。
今大事なのは、投票の意義をいかに個人のものとして確立できるかどうかだ。

さて、
前回衆院選の時は、
多くの人がなんとなく小泉自民党に投票しただろう。
で、その結果がどうなったか、
その総括がなんとなくされたようなされてないようなまま、
今回の選挙に突入している。

俺は、今回もなんとなく投票で良いと思う。
ただし、
その結果がどうなるかを、
目の玉見開いてよーく見る責任が我々にはあると思う。
そして、それを次の選挙に生かそう。

互いのマニフェストは比較的すぐに結果が出る項目が多い。
だから、
今回投票したら、比較的短い期間でその結果が出る。
さらに、次の選挙も比較的近い時期にあると言われている。
今回の投票結果を覚えている内に、次の選挙がやってくる可能性は大きそうだ。
そういう状況もあって、
今回の投票は我々の民主主義にとって非常に大きな勉強と実践の場になるだろう。

教育現場でも、
投票権のない子供にマニフェスト比較をやらせて仮投票をやり、
遠くない未来にある衆院選の時に、
投票の結果がどうなったかを振り返らせてみるといいだろう。

クラスの委員長を決めるのと国政選挙とは、
選ぶという根元的なところではあまり違わないのだが、
国政選挙となるとがぜんみんなの関心が集まらないのはどうしてなのか。
それは、クラス委員長を決めても何も変わらなかったからではないかと疑っている。
クラス委員長なんて誰がなっても同じだろう。
なんら権力はないのだから。
それが大人になってからの「誰がなっても変わらないだろう」に繋がるのではないか。
クラス委員長になんらかの権力を持たせるのは現実的ではないので、
仮投票を通じて、選挙で世の中が変わることを子供に分かってもらうのが肝要だろう。

何も変わらないと思っている人にとって大事なのは、
投票とその結果がきちんと繋がっていることを認識することだ。
とにかく長い時間軸の中で原因と結果を見ることの大切さを感じたい。
それが民主主義の根幹をなすものであり、
衆愚政治にならぬようにするため、国民に最低限必要な資質である。
1億を超す民の声を反映させて国の舵を取るには時間がかかり、認識もしづらい。
経済繁栄に踊り、変化の早さが是とされた時代ではより難しかっただろうが、
今はそんなこともないだろう。

そういうわけで、
長々小難しいことを書いたが、

要は、投票に行こう。
そして、その結果を見守ろう。
さらに次の選挙の時に、
結果を基に投票先を決めよう。

投票先が分からない?
そういうときは、各党のマニフェストを見るなり、
毎日新聞の毎日ボートマッチ、えらぼーとのページを見てみて欲しい。
http://mainichi.jp/select/seiji/eravote/
これで、だいたい自分の考え方に近い政党が分かるはずだ。
それぞれの政党が答えたアンケート結果と、
自分の選んだ答えを比較するものなので、結果は恣意的なものではない。
安心して試してみて欲しい。
なんだ、これを言いたいだけじゃないのか、とか言われそうだが(笑)
そうでないことは分かって頂けるだろう。
posted by ムーンライダー at 01:52| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

不屈

1259821972_163.jpg


イタリアン・スタリオン

生涯で三位以内の映画です。
posted by ムーンライダー at 22:43| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

iPhoneがやってきた&連絡のお願い

期待通りの使い心地にびっくりですよ。
何をするにも引っかかりが無いので、
カメラだっていつもより使っている。
たいした引っかかりじゃなかったけど、
ああ、あんな少しのもたつきで使う気を無くしていたのか、
と思うような事ばかりだ。
要するに、俺にとって要らない機能だからこそ、
使い勝手が全てだったという事だろう。
いいですなあ、iPhone。
要らない機能も使いこなしたくなる。

で、ですよ。
一気にメールを送ろうとしたら、
迷惑メーラーだと思われたらしく、
一定時間おかないとメールを送れないという事故がおきました。
なので、メルアド変わりましたメールが全然送れてません。
申し訳ないのですが、
メールが来てない方は、
こないだのメールアドレスの@以降をsoftbank.ne.jpに変えて、
メールを送ってくれませんでしょうか…
大変申し訳ない。
posted by ムーンライダー at 14:01| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。