2009年07月28日

取材の心

あの日が近づいてきて、本当にしんどいです。
平和にはあまり手を出したくない、
そう思ってきたけど、
今年はがんがんやってる。
広島に来る前、
新聞記者だったじいちゃんが
「広島は戦後日本の原点だから、しっかり学べ」と俺に言った。
今、正直その意味が見えるようで見えない。

平和に手を出したくなかった、
なぜかということを自分なりに考えてみた。

平和関係の記事を書こうとすると、
絶対に被爆者に話を聞かなきゃいけない場面が出てくる。
俺はそれが苦手だった。
記事を書くには深い話を聞かないといけないと俺は思ってる。
記事に必要のない話も全て俺は聞いてしまう。
向こうが話してくれることは漏らさずすべてノートにとる。
それが俺のやり方。
記事を書く以上に、俺はその人のことを知ることになる。
その人の人生にとって俺は「自分の深い話を知っている人」となる。
すると俺はもうその人の人生を無視することはできなくなる。
それがなんというか縛られたような、そんな感じがしていた。
あれだ、縛られるのが嫌だとかなんとか、異性交遊の際に沸き上がる戯れ言だ。

平和関係、特に広島や長崎で被爆者を相手にする場合、
その取材は取材相手にとって特別なことだ。
相手はこれまで自分の体験を話したことがないことも多い。
そんなとき、俺はその人の話を聞いた最初の人間となる。
誰だって何かしたときの最初の相手のことは覚えているものだ。

他人のことを書こうと思えば他人の人生に自分も入らなきゃいけない。
それが取材だと思っている。
でも、思えばそれが辛かったというか、めんどくさかった。
取材が終わればハイバイバイ。
俺は特ダネを書き、取材相手は書いてもらったメリットがあり、それでOK。
全部が全部そうじゃないけど、そんな感じだったかもしれない。
今、そういう思いが全て抜けているといえばウソになる。
思えば青い。

戦後日本の原点である広島。
それはどういう意味なのか。
俺にはまだよく分からない。
戦後復興のことなのか、戦争責任の問題なのか、
戦災者援護のことなのか、いったいどれなのかまだよく分からない。
でも俺にはその原点がなんであるのか分かろうとする意思がある。
あとは記者としての覚悟を決めて、身を投じることだ。
こんなことで悩むなんて、
いまだ青い。
posted by ムーンライダー at 23:14| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

プレス機の薫る街

北西の風が吹くと、
海に面した自動車工場から、
アルミをプレスする機械油の匂いが街に充満する。
雨が降った後の街はじっとりと湿気で満ちていて、
鼻を刺すはずのオイル臭は、
懐かしみを思い起こすまろやかさで鼻を包む。
配管工がオイルまみれの手で鋼管の削り口に飴色の油を注ぐあの匂い。
オイルに浸ったくるくるの削りかすが、
工事後の路上に残ったあの愁香。
広島はどんな街かといえば、俺にとっては町工場の街。

ふと思う。
十分歳をとった俺にとって、
新しい場所はこれまでいたどこかでしかないのだろうか。
以前、誰かが言った。
「お前がどこに転勤しようとも俺は心配しない。どこにいっても楽しいだろ」
俺もそうだなと思った。
多分、幼少期の土地が楽しかったか否かが、
新しいものを新しいものとして認識出来ない歳になった時に、
その場所を楽しいと捉える事が出来るか否かに関係するのだろう。
それが原風景なんだろう。
俺はもう原風景を通してしか現実世界を認識出来なくなってしまったのか。
肉眼で遠くの杉の木の枝が見えなくなり、
眼鏡が必要だと悟った時と同じ寂しさがある。
posted by ムーンライダー at 00:08| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

RX500

見てきました。
良かった。
記事書きましたが、
筆力不足で、もっとディテールを書き込めば良かったな…と反省。
それから、
技術屋さんにも話を聞けました。
サングラスの似合う町工場のオジさんでした。
今度工場に行きます。
んで記事書きます。
やっぱ車はいいわ。

マツダ 幻のスーパーカー走行
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=895596&media_id=2

この日は他にも国内レース用787Bの走行デモもありました。
音がすごい。
でかい。
ストレートの加速で後輪ぶれまくり。
でも前に押し出されて進む。
やっぱレースカーはすごいなあ。
F1はもっとすごいんだろうなと思ったのでした。
posted by ムーンライダー at 11:18| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

iPhone3GSに替えたい…そしてその理由ッ!

どうもご無沙汰しております。
こないだiPhone3GSを触ったんですよ。
なんかすげー使いやすいんです。
どういうとこかっていうとですね、
それを説明するには僕の携帯へのこだわりを説明しなきゃいけません。
僕が携帯にこだわっているのは文字入力のしやすさです。
いちいちボタンをちまちまちまちま押すのは性に合わないんですよほんと。
これまでも、POBOXとか色々試してたわけなんですが、
なんつーかいまいち。
ボタンを押してあいうえおってのは変わらないわけです。
で、iPhone。
見てもらった方が早いんだが、
あかさたなはまやらわの文字が画面に並ぶとこまではふつーの携帯と一緒。
デモここからが違う。
こんにちわと打つのに、ふつーの携帯だと5+3+2+2+1=13回の打鍵。
iPhoneだと、1+1+1+1+1=5回の打鍵!!!
なんでこーなるのかとゆーと、
まず「こ」を打つ場合、「か」のボタンを押しながら下へ滑らせて離す!すると「こ」。
「ん」も「わ」のボタンを押しながら下へ滑らせて離す!すなわち「ん」。
そして「に」は「な」のボタンを押しながら左へ滑らせて離す!それで「に」。
もうおわかりですね。
「う」の段は上、「え」の段は右なわけ。
もうこれ以上は説明しない。
説明すらめんどくさくなるくらい、簡単な文字入力でさらに時間がかからない!!
こんなケータイ他にないッ!!
いや、iPhoneが出た時点でそうだったじゃないか、今更じゃないか、なんていうそこのアナタ!
それが違うんだな…(笑)
確かに以前からそれはあったに違いない。
しかし!
iPhone3GS以前のiPhone3Gでは、
画面がもたついてこの入力がうまくいかなかったのです!
入力方法は良いのにもたつきのせいでムキーッ!となることを、
私は店頭で知っていたのですよ…ふふふ。
そして3GSの登場。
早い…操作のもたつきがまるでない…
いや〜いい、これはいいよ…

文字入力に限らず、
操作感のテキパキ感は全般にわたる。
地図ソフトなんかもすぐに立ち上がって測地を開始するし、
なんていうか、
日本の携帯が勝っていた操作のスピード感に追いついちゃったという感じ。
これまでは、日本の携帯でネット検索すると画面も小さいし不便なんだけど、
iPhoneのスピード感が足りてなかったからまあ日本の携帯でいいや、
ってなってた部分が全て改善されたおかげで欲しくなったわけ。
おまけにiPhoneを持てばiPodとしても使えるし、自宅のMacとの相性も抜群。
なんだよう、こりゃあもう「しか」ないでしょう。
来月MNPする!auからMNPしてやる!
最近auの携帯にはまったく飽き飽きしていたところ。
ちょーどいーな!!
posted by ムーンライダー at 15:15| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。