2009年05月31日

長野取材2

おばちゃんたちの会話
「あ、チケット忘れた」
「ただで入ることになったらダメだに〜」

久しぶりだな(笑)

久しぶりといえば、
FM長野、
これも久しぶりです。
posted by ムーンライダー at 11:58| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長野取材

中津川からレンタカーで清内路村を目指してます
posted by ムーンライダー at 11:43| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

パンデミック・レポート11

11回も続いたレポートもこれで終わりだ。

今回のことで、
ほとほと感じ入ったのが、
国の反応の遅さというもの。
それは多分、地方から国へ情報が伝わる物理的な遅さと、
決定機構の手間という物理的なプロセスのせいだ。

地方分権によって、
ある県ではインフルエンザが蔓延し、
ある府ではインフルエンザが抑え込まれる、
そんなことがあるのかもしれない。
しかし、それでもいい、それでもいいから、
状況に応じて迅速な対応ができ得る意思決定機構があればなと思う。
あとは各都道府県のリスクにすればいい。
それも地方分権のリスクだ。

今回のインフルエンザが季節性インフルエンザと同じ対応で良い、
となった時点で厚労省は即座に反応すべきだった。
しかし、そういう大勢となりつつも、
下からの報告は厚労省に届いていなかったのだろう。
それはそれで仕組みが悪いのだ。
厚労省は22日、医療機関でA型インフルエンザ陽性だと分かれば、
原則、新型インフルエンザ症状として保健所に報告するよう通知した。
保健所は全ての報告を、原則厚労省に上げなくてはならない。
これは、
新型インフルエンザの症例定義の改訂に付随する通知だが、
こんなことをしたらものすごい数の報告書が必要になる気がする。

新型と認識したケースのみ報告を求めてきたため、
漏れ落ちがあったと国側は考えているのだろう。
しかし、現場はそんなことをして欲しいとは思っていない。
現場がして欲しいのは、
新型インフルエンザへの対応を季節性インフルエンザに対するそれと同じにして欲しい、
ということだけだ。

国というのはどうにもそういうものらしい。
原爆症、肝炎、インフルエンザ、
すべての対応に同じような構造を感じる。
それをあぶり出すのが今後の私の課題となるだろう。
posted by ムーンライダー at 19:21| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

パンデミック・レポート10

昨日は支局員や応援員らで韓国料理を食べに行った。
えらく食べたなあ。
5人テーブルでサムギョプサルを15人前食べた。
マッコリも1リッター入りのを8本くらい空けた。
今日は何もする気がない…

というような気の抜けたことしか、今は書くことがない。
ほっとしたような空気が神戸には流れている。
開けている店も増えた。

神戸には十数年ぶりに来た。
みたことのない建物がたくさん建っている。
ポートタワーはビルに埋もれている。
広島に帰るのは多分明日だろう。
帰る前に港でもみていこう。
posted by ムーンライダー at 18:01| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

パンデミック・レポート9

阪急に乗って、
西宮北口に向かっている。

修学旅行のキャンセルでキャッシュを消費し、
つぶれそうだと悲鳴を上げている人を取材しにいくのだ。
自転車操業の中小は、
いつも社会の波に揺さぶられるばかりだ。
posted by ムーンライダー at 14:50| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

パンデミック・レポート8

東京でも感染が発覚したが、
弱毒性ゆえどうでもいい雰囲気さえ漂うこの頃。
確かにそんな気もする…

これ以上、
発生にかんしてはなにもやることはない。
とりあえず、
来る強毒性感染症に備え、
今回分かってきた問題点を現場取材していく段階だ。

一段落したせいか、
マスコミが煽っているとの話を聞くのが増えた。
みんなが騒いだのはマスコミのせいではないかと。
たしかにその側面はあると思う。
しかし現場としては、
強毒か否かは断定できない以上、
大丈夫ですとは書けないわけだ。
もちろん、
分かってきた後での流行の影響を記事にする際、
やたらと感情に訴える記事があるのは問題である。

私は、
自分が思うことを書いたつもりであり、
煽る比重の方が重い記事は書かないようにしている。
さらに行政の失敗を書いて行政を批判するだけにせず、
きちんと他都道府県が参考にできるように書いたつもりだ。

仮に、
批判するだけの記事になったとしても、
きちんと続報でフォローすれば大丈夫だ。
日刊紙の連続性故に良心的行動の余地はある。

今後うちがどういう記事を書くのか、
自分でも注視し、
フォローすべきはしようと思う。
posted by ムーンライダー at 20:35| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

パンデミック・レポート7

あごに、
いつまでもマスクの感触が残っている。
なんだかごわごわする…
さらに、ヒゲが伸びるにつれ、
毛の生え方のせいかマスクがずり下がる…
なんとかしてくれ。
ゴム紐をかける耳の付け根が痛くなってきたよ…

これからいろんなとこで、
新型インフルエンザが流行るだろう。
もはや神戸市も、
いちいち感染したかどうかを確認するような段階ではなく、
重症者を指定病院に、
軽症者は開業医で治療する方向に変えた。
それでいいんだと思う。
ただし、
神戸市は感染確認率が下がったから、
感染自体は広がる勢いを弱めたって言ってた。
でもそれは数字のマジックだ。
これはまた後日書こう。

今回を機に、
インフルエンザ流行時の最低限の作法が市民に染み渡ればいいなと思う。
今回の経験を生かすことになる。
posted by ムーンライダー at 02:23| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

パンデミック・レポート6

神戸市役所にきていますが、
マスクをしてない職員がいた。
最後まで倒れたらだめな場所だから、
率先してマスクしてくれないと…
posted by ムーンライダー at 19:50| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンデミック・レポート5

感染発覚者がどんどん増えていく。
感染が発覚した高校生が通っていた予備校が休校したが、
他の高校の生徒に移った可能性がある。
もうむちゃくちゃだ。

とにかく、
わかってきたことがいくつかある。
その一つは、
発熱相談センターの存在意義。
これは要るのか?
電話で分かるのは
海外に行ったかどうかくらいだ。
症状がどうかなんて、
電話では本人の主観による報告しかない。
しかも、
単に心配なだけでの電話や相談がかなり多くかかってくる。
センターはそういう人が直接発熱外来に行くのを防ぐ意味はあるが、
心配なだけで電話する人は、
電話で止めたって発熱外来に行ってしまうだろう。

大事なことはなんなのか。
神戸をモデルとして、
未感染地がよりよい対応を考えるきっかけになるよう、
きちんと伝える記事を目指したい。
posted by ムーンライダー at 18:25| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

パンデミック・レポート4

今日は朝からいきなり忙しかった。
数時間ごとに新しい情報が入る。
続々と感染者が増えていく。

感染者の経路を突き止めていくと、
面白いほど共通点が浮かび上がってくる。
これが強毒だったら大変だったと思いながら、
次々取材の電話をかけた。

雨でよかったかもしれない。
人気は自然に減るし、
空気感染の危険性も低くなるそうだ。

多分、
これからも人数は増える。
広島や奈良でも感染者が出るだろう。
いつものインフルエンザならマスクをしない人も、
今回ならするかもしれない。
毎年毎年インフルエンザにかかる人はいる。
これをきっかけに、
社会意識が高まるといいな。

とりあえず、
今のところ重症者が出なくて良かった。
それが一番嬉しい。
posted by ムーンライダー at 02:03| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

パンデミック・レポート3

昨日は疲れきった顔が支局に揃ったためか、
支局長が今日は10時からでいいと決めた。
でも、
朝からホテルのラジオは
大阪で感染が明らかになったと告げている。
ちょっと早めに支局に上がった方が良さそうだ…

それにしても、
変わったインフルエンザだ。
感染者はほぼ高校生ばっかり。
やっぱり年寄りはなんらかの免疫があるのか…

今日は世間は休みだが、
人手はどうだろう?
昨日の街の様子からして
そんなに変わらない気がする。
posted by ムーンライダー at 09:30| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

パンデミック・レポート2

新神戸についた。
懐かしい気がするしっとりした匂い付きの空気に関西を思い出す。

思った以上にマスク率が低い。
三宮へ移動中の地下鉄で、
マスク越しに酒の匂い。
「外出の際はマスクを着用して……」
車内アナウンスがウソのように小さく響く。
posted by ムーンライダー at 23:41| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンデミック・レポート

これから神戸に行きます。
どういう状況なのか分からが、
報道によると
大阪でも大規模感染が疑われている。
神戸で発症が発覚した高校生は、
発症前にバレーボールの大会に出ていたが、
その大会に出ていた他の高校の生徒にも発熱などの症状が見られるらしい。

正直、怖い。
通常のインフルエンザと毒性が変わらないというのが
今のところ唯一の気休めだ。
しかし、いつ変異するかは分からない。
30分前に妻に別れを告げて家を出てきたが、
これが最後にならぬよう祈るばかりだ。

さっきまでのんびりとテレビを見ていたときには、
それは「神戸」での話に過ぎなかったが、
今はもう自分の事になってしまった。
大阪本社と神戸支局には続々と記者が集まっているそうだ。
入社以来聞いたことのない人数が、
ただ事ではないのだという気持ちにさせる。

正直今は怖い。
発症者やその家族への直接取材は禁じられているが、
それがまた現実的で嫌な気持ちになる。
posted by ムーンライダー at 22:37| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

くっ………

バリチェロ………
posted by ムーンライダー at 03:12| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

また一つ外に出る

自分が何をしたいのかは
仕事をしながら分かるもんだ、
なんてことを誰かが言ってた。
合っていると思う。
でも、合ってるんだけど、
言葉が足りないと思う。
「自分が何をやりたいか分からない人は」
というのを頭につけると真実に近づくと思う。
俺にはやりたいことがある。
それがいかなるビジョンに基づくものか、
最近どうもぼんやりしてきたような気がしていた。

人生はどこにあるのか。
いつに限らず場所に限らずふっと浮かんでは消える疑問。
答えが見つかるようで見つからない。

この間、市長に怒られた。
俺は怒られた自覚はなかったけど、
広報課の人たちや同業他社の人間に「大丈夫か」といわれ、
初めて自分が怒られていたことに気づいた。
単純に、不勉強なことについて真摯な指摘を受けたつもりでいた。
あとでよくよく考えてみると、
それは質問の内容についての怒りではなくて、
俺の立っているポジションに対しての怒りなんだろうと思った。
俺が質問したのは、
市長が推進しているある計画について、
市長と市議会との確執についてだ。
俺はよく知らなかったから、市長がどういう認識なのか聞いたのだった。
市長は激怒していたらしい。
市長はその前に一言言っていた。
「対立とか、分かりやすい報道をしないで下さい」
知らなかったとはいえ、俺は批判された報道そのままの質問をしていたのだった。

物事を決めるのは市民の同意を背負った特定の人々なわけだが、
物事が提案されるのは基本的に1人の脳みそからである。
提案されてからその物事に対してあーだこーだと反対論ばかり言う人は、
はっきり言ってこの社会からの恩恵を受ける資格のない人である。
提案自体が良いか悪いかに関係なく、提案すること自体正しい行為なのだ。
市長は、誰に言われるでもなくビジョンを持ってそうしなければならない。
少なくとも市長は自分のビジョンに従って意見を表明している。
新聞は、なんのために存在するのか。
新聞というより、俺という人間はどういったビジョンを持って市長と対峙するのか。
それが求められている気がした。
そうでないと市長と対等に話すことは出来ないと思った。

俺にはビジョンがあった。
少なくとも他人に堂々と話せるだけのビジョンがあった。
今はどうか。
客観報道というまやかしに目線を失い、
報道倫理という馬鹿げた自主規制に己を失っている。
俺の主体性は会社に入った途端に失われつつあったのだ。
考えることをある意味で放棄していたとも言える。
市長と対峙することで、
俺は自分の立ち位置を再確認することが出来た。
俺はハナから記者ではない。
俺は俺なのだ。
俺は俺としてこの広島に生きていて、日本を故郷とし、地球に立っている。
そもそも何も変わっちゃいないのだった。
俺も、そしてこの日本に住む誰もが、
自分たちの生き方について考え、
みんなで生きていく方法について提案する権利がある。
世界の在り方を考えてもいい自由がある。
posted by ムーンライダー at 03:10| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。