2008年04月13日

光市母子殺害事件について

この事件について、
異常なまでに意見が偏っていると俺は思う。
メディアがそうし向けているから、という意見もあるだろう。
自身その業界にいる身として、それはきっちりと聞くし、
これからの仕事でその落とし前もつけるつもりでいる。
ただ、ちょっと聞いて欲しい。
そして現実を見て欲しい。

まず
死刑賛成と言っている人、
中でも弁護士批判をする人にまず言いたいことがある。
弁護士が弁護をするのは当たり前だということが1つ。
それから、ドラえもんとかそういう元少年の発言は
弁護士が作った嘘に違いないとかいう意見があるが、
本当に嘘かどうかなんて分からないとは思わないのか?
本当に元少年がその時錯乱していたとしたら?
俺たちだってわけが分からなくなったときは変な幻想を見たりするだろう?
それともそんなことあるわけがないと言い切れるのか?
いずれにせよ、感情論だけでものを言ってはいけない。
弁護士は弁護をするだけでそれ自体に罪はないのだ。

それからもう一つ、
ちょっとこのリンク先を見て欲しい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080412-00000092-mai-soci
これはうちの記者が書いた記事と、
それに対するコメントの山だ。
大概の意見が死刑執行を望んでいる。
しかしその意見のほとんどは感情論で論理的ではない。
今回の判決は、
量刑の度合いが変わるかもしれないという
歴史的判決になる可能性がある。
今回の判決でもし仮に死刑が出たとすると、
我々は次から同様の事件に対して全て死刑を出さなければならない。
今回の事実をあげると、
大人と赤ちゃんの2人を殺して片方を死姦すると死刑。
そういう判例が出来ることになる。
果たしてそれが妥当なのかどうか、それが問われているわけだ。
死刑を求める感情は理解できる。
俺もこんなヤツは死刑になってもしかたがないと思った。
しかし、量刑が妥当かどうかの判断は、感情論でするべきではない。
感情論による量刑判断は、エスカレートする可能性があるからだ。
俺はこう思うがみんなはどう思うだろうか。
感情から来る素直な量刑判断を採用すべきなのだろうか。
そもそも量刑判断の基準というものが曖昧だからこそ、
こういう問題も起こるわけなんだろうが…

さて、量刑について歴史的判決が下るかもしれない今回。
その先に待っているのは裁判員制度である。
我々が手を挙げて人に死を与える現実がもうそこまで来ている。
だからこそ俺は憂う。
感情論で死刑を望む声が飛び交うことを。
そしてメディア(特にテレビ!!!)
が死刑を望む声に応えようと必死になっている現実を。
(テレビは視聴率に操られているのが現実。
 そしてコメンテーターのあの無責任な発言の数々)
そしてそれに乗せられてテレビの代弁者となる大多数の民衆。
我々はそんなに幼稚なメディアリテラシーで
来るべき裁判員制度を我が物に出来るのだろうか?
裁判員制度では、裁判員はすべからくメディアの代弁者となるだろう。
そんなことでやっていけるのだろうか。
俺は一億総死刑論となりそうなこの雰囲気に、
日本特有の空気文化(クソ食らえ!)があることを感じるし、
さらに死刑反対を唱えようとすれば叩かれる現実に空恐ろしさを感じる。

この現状を恐ろしいと思わないか。
だからこそ、
うちの社はこういう記事を書いたのだと思う。
しかし、火に油を注ぐ結果になっているような気がする。
昨今の民衆の不安のはけ口に
あの元少年がさらされているような、そんな気がする。
posted by ムーンライダー at 11:57| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

やっとこさ一週間経ちました

いや、ほんとみなさん、
俺の連絡のとらなさっぷりに驚愕でしょうが、
そこは勘弁してつかあさい…

今日は宿直で昨日からそのまま起きたまんまです。
今日の午前0時半、F1を見ようとするも火事が起きて即出動。
帰ってきて画面を見たらちょうどファイナルラップを終えるところ。
なんてこった。
最悪ですわ。
まあクビサが3位なのは喜ばしいことですが。
F1好きでない方も、
一度はこのクビサの顔写真を見てやってほしい。
はっきり言って超個性的だ。
海外のF1ジャーナリストの一部に、
「アダムスファミリーを見たら彼の家族が居る」と
いう人がいるほど個性的な面なのだ。
まあそれはいいとして。

本当に忙しいですな。
一年生が研修のために来ず、
本来2人でやる仕事を一人でやっています。
もちろん給料は変わりません…はぁ。
加えて言うなら他社はこの仕事を3、4人でやっています…はぁ…。
そんなもんですわ、はぁ。
連絡とれんのはホントに申し訳ございません。
火事で神経が高ぶっていて眠れませんでしたが、
今ようやく眠れそうです。
とはいっても1時間半眠ったらまた仕事が始まるのですが。
そんなこんなです。
ああ、書きたいこと、見せたい写真、いっぱいあるけど、
それはまたおいおいということで…
posted by ムーンライダー at 07:35| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。